コラム|都島区・京橋駅徒歩5分で歯科・歯医者をお探しの方は【高野歯科医院】まで

時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:30

祝日のある週は、木曜日午前中診療します。

休診日:木曜・日曜・祝日

06-6354-9485

〒534-0025
大阪市都島区片町2丁目6番3号

  • 地図

歯周病による全身への悪影響について

歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっている病気といわれていますが、その症状は軽度から重度までさまざまです。

比較的軽度の歯周病というのは、自覚症状に乏しいため、そもそも歯周病にかかっているということに気づいていない人が多いといえます。

それだけに、軽視されがちな歯周病ですが、重症化すると歯茎だけではなく、全身にもさまざまな悪影響が生じることがあるため注意が必要です。

歯周病によってリスクが上昇する全身疾患

歯周病が重症化することで発症のリスクが高まる全身疾患には、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿尿病などが挙げられます。

その他、誤嚥性肺炎や早産・低体重児出産のリスクも引き上げることがわかっています。

いずれも非常に深刻な病気だけに、歯周病の重症化だけは避けたいものです。

なぜ全身に悪影響が及ぶのか?

歯周病は、歯茎に腫れや出血をもたらす病気ですが、重症化すると歯周病菌の繁殖が進み、血流に乗って全身へと巡っていくのです。

その際、歯周病菌自体はもちろんのこと、歯周病菌が産生した毒素や身体で作られた炎症性物質などがそれぞれの臓器に悪影響を与え、上述したような全身疾患を引き起こすのです。

予防もしくは早期発見・早期治療が大切

歯周病は、重症化すると完治されるのが極めて難しくなります。

また、歯周組織の破壊や全身への悪影響も強くなってくるため、早期発見・早期治療することが最も重要な病気といえます。

もちろん、ベストは予防することですので、歯周病の管理を徹底したい方は、ぜひ当院の定期検診を受診してください。

まとめ

このように、歯周病は重症化することでお口だけでなく、全身のトラブルも引き起こす厄介な病気ですので、可能な限り予防に努めましょう。

当院では、歯周病や虫歯の予防プログラムを提供しておりますので、関心のある方はお気軽にご相談ください。

私たちと一緒にお口や全身の健康をしっかり守っていきましょう。


ページトップへ