コラム|都島区・京橋駅徒歩5分で歯科・歯医者をお探しの方は【高野歯科医院】まで

時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:30

祝日のある週は、木曜日午前中診療します。

休診日:木曜・日曜・祝日

06-6354-9485

〒534-0025
大阪市都島区片町2丁目6番3号

  • 地図

歯茎の腫れや出血は歯周病のサイン?

歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれているだけあって、自覚症状に乏しい傾向にあります。

とくに、まだそれほど進行していない歯周病というのは、毎日お口の中をしっかりと観察していなければ、なかなか気付くことができません。

それだけに、自覚した時には重症化しているケースも珍しくないのです。

そこで今回は、歯周病を早期に自覚する上で有用となる兆候(サイン)をご紹介します。

歯茎が赤く腫れている

歯周病の典型的な症状といえば、歯茎の腫れです。

歯茎に歯周病菌が感染し、炎症反応を引き起こしている証拠といえます。

これは歯肉炎という軽度の歯周病にも見られる症状なので、早期発見につなげることができます。

ただ、自分の歯肉が腫れているかどうかというのは、なかなか判断しにくいところなので、できれば毎日、歯茎の状態を観察し、正常な時の色や形などを確認しておくことをおすすめします。

あるいは、「腫れているかも?」と感じた時点で、当院を受診してください。

歯磨き後に歯茎から血が出る

ブラッシング後の出血というのも典型的な歯肉炎の症状です。

つまり、進行度がそこまで進んでいなくても認められる所見であるため、歯周病の早期発見につなげることができます。

ちなみに、ブラッシング後に出血が認められると、それ以降怖くて歯磨きをしっかり行えなくなることがありますが、それは良くないことなので注意しましょう。

例えば出血が認められたとしても、歯面に付着した汚れをしっかり取り除かなければ、歯周病の症状が悪化するからです。

とはいえ、磨き方にも工夫が必要となりますので、まずは当院にご相談ください。

歯周病治療を行うとともに、適切なセルフケアの方法もていねいにお伝えします。

まとめ

このように、歯茎の腫れや出血が認められたら、歯周病が疑われます。

その他、歯がグラグラと揺れ動いたり、歯茎が下がったりするなどの症状が見られる場合は、重症化していることも考えられますので注意しましょう。

いずれにせよ、歯周組織に異常が見つかった時点で当院を受診してください。


ページトップへ