コラム|都島区・京橋駅徒歩5分で歯科・歯医者をお探しの方は【高野歯科医院】まで

時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:30

祝日のある週は、木曜日午前中診療します。

休診日:木曜・日曜・祝日

06-6354-9485

〒534-0025
大阪市都島区片町2丁目6番3号

  • 地図

小児歯科は何歳から何歳まで通うもの?

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、いつから歯医者に通わせればよいのか、迷っていることかと思います。

とくに、最初の乳歯が生え始める頃には、どのようにケアをしたらよいのか不安になることでしょう。

そんな時は、気兼ねなくいつでも当院の小児歯科までお越しください。

今回はそんな小児歯科を通い始める時期、一般歯科へと移行する時期について詳しく解説します。

何歳から通ってもよい診療科

小児歯科を通い始める時期というのは、厳密には決まっていません。

お子さまのお口のことで気になる異常や症状が認められたら、その時から通うのがベストです。

そのため、極端なことをいうと1歳に満たないお子さまでも、小児歯科に通ってもよいといえます。

実際、生まれた時から生えている「先天歯(せんてんし)」や最初に生えてきた下の前歯によって、粘膜が傷つけられる「リガフェーデ病」などは、1歳に満たない乳児にも生じることがある異常です。

永久歯が生え揃ったら一般歯科へ

小児歯科は、何歳からでも通うことはできますが、永久歯が生え揃った頃になると、一般歯科へと移行します。

その頃には、顎の発育なども終わりに近づいていますし、小児歯科で診る必要性も薄れてくるからです。

ただ、こちらも厳密な定義はなく、高校生になっても小児歯科を受診しているお子さまもいらっしゃいます。

あくまでケースバイケースといえます。

お子さまの将来まで見据えた歯科治療

小児歯科は一般歯科と異なり、歯や顎、全身の発育が途上にある患者さまの治療を行います。

それだけに、今ある病変だけを取り除くのではなく、お子さまの将来まで見据えた歯科治療を心がけなければなりません。

それだけに、お子さまを小児歯科へ通院させる意義は非常に大きいといえます。

まとめ

このように、小児歯科には「何歳から何歳まで通うもの」という厳密な決まりは存在していませんので、お子さまのお口のことで何かお困りのことがありましたら、とりあえず当院までご相談ください。

小児歯科治療の経験が豊富な歯科医師が診療を担当いたします。


ページトップへ